けいのブログ

自分のTwitterで呟いた事、趣味で考えている事をまとめる。自分が見る専用のメモ帳、日記みたいな使い方 

言葉のお墓を作る。

 

夢で子供と今の言葉使いが酷いね…と話してたら、

子供が

「言葉がかわいそう…。」

「言葉のお墓を作らないといけないね」

って言った。

「俺はかわいそう?」って聞いたら

「そんなにかわいそうじゃない!」って言われたw

取り付く島もないw どいひー。

 

 

 

「他者への憎悪は身を滅ぼす」内田樹が語る"呪いの時代"を生きる知恵

www.excite.co.jp

以下引用

「呪いの言葉」は、人を記号化したり、カテゴライズしたり、一面だけを切り取ってその人の全体を表してしまう言葉です。「反革命」とか「非国民」とか。本来は多様で複雑な人間の存在を、単純化し、記号化してしまう。

「呪い」は強烈な破壊力を持っており、人の生命力を減衰させて、前向きな気持をなくさせます。

そういった言葉を発する人は、他者が傷つくさまや評価が下がるのを見ることに快感を覚え、その感覚の虜になってしまいます。けれど、実は他者以上に自分の生命力も傷つけてしまっている。「呪い」は必ず自分にも跳ね返ってくるのです。

 

「祝福の言葉」は逆に、目の前の人間や物事について、それを「語り尽すことができない」という謙抑的な態度を示すことだと思います。世界の深み、厚みに対する慄(おのの)きや感謝を忘れないのが「祝福の言葉」です。対象を語り得ないという、おのれの言葉の貧しさを認識すること、世界が汲み尽くし得ないほど広く深いという自覚を持つことが祝福ということの本義だと思います。日本には「国誉め」という神事があります。「山がある、川が流れている、谷が深い、緑が濃い」と目の前の美しい風景を具体的に描写する。「写生」です。それは対象に対する敬意の表現であると同じに、命を吹き込んでもいるんです。

 

 

 さて…どうやって言葉のお墓を作りますかね?

 

 

 

 

 

よく考えたら有名人になっても得する事無いな…と思った。今の時代はリスキーだ。

 

そのまんまですw

有名人にならないと得られない物があるなら貪欲になるけど…

それより、自分の実存を保つために他者や世界と戦う気力が持たなさそうな気がする。

闘争する基礎体力がそんなに無いからなぁ。言論で戦うのは修羅場だよねぇ。

承認欲求、超欲しい!とか無いし。人並みに…ほどほどはあるけど。

幸せと似たようなもんで、求めてはいけないと思う。

そりゃ一生付き合うだろう不眠症が治ったらいいけど、どうしようもないしね。

幸せはほっときゃ、勝手に向こうから思いがけない所から来る感じ?

まぁちょっとしたコツが要りますね。

 

 IT社会、ネットのせいで環境管理型権力が強化されてるよ。

言葉が残るのが怖いね。自己マネジメントができないときつい。

 

 

地味にここを見てくれてる人には感謝してます。

あまり他人が考えないような事を書いていきたいなぁ。と漠然と考えてます。

 

 

 

 

自分の今まで聞いてきた音楽遍歴をまとめる

 

 

たぶん幼い時に初めて聞いたのは歌謡曲か洋楽(親が聞いてた)

言葉を学ぶ以前の段階なので分別がない。(この言い方はおかしいな…日本語を学んだという意識は無いのに日本語読み書き会話できてるし…)

英語と日本語の区別もつかない時だったから。

 

カテゴライズされてると探すのが楽だね。

ザックリまとめると…。(記憶が曖昧なのでネットでカンニングしますw)

謡曲吹奏楽少々、J-Pop、J-Rock、映画&ドラマのサントラ、テレビ、衛星放送で流れてた曲、洋楽(ポップス、メタル、ロック、ハードロック、グランジフュージョンAOR、カントリー、サザンロック、ヒーリング、ケルト、各国の民族音楽等)を聞いてた。

電子系音楽、エレクトロニカ、テクノ、ハウス、ラウンジ、トランス、ユーロビート、EDM、トラップ、ダブステップ等はそんなに聞いて無い。(コンピレーションアルバムを漁るくらい)

クラシック、ジャズ、フォーク、ファンク、ブルース、ゴスペル、ブギウギ、グループサウンド、シャンソンボサノヴァ、ショーロ、プログレ、ソウル、パンク、ラテン、サイケ、ディスコ、オルタナティブ、ラップ、グラムロック、デス&ブラックメタル、アニソン、ボカロ、アイドル、ゲーム音楽、現代音楽、宗教音楽、○○系、○○プロデュース、○○サウンド、音楽事務所、レーベル等もそんなに知らない。(何かごちゃちゃするなぁ…w。ジャンル分けはwikiが詳しいからそっち見た方が早いね)

 

覚えてるのをとりあえず挙げたけど、他にも色々聞いてるかもしんない。

 今も色んなジャンルが生まれてるから面白いね。

運がいいとネットでタダで聞けるし。(外国のミュージシャンを聞く比率が高い)

 

結構文字数多くなると思ったけどザックリ書くと少ないw

自分の音楽遍歴を時系列で書くと面倒。

音楽の曲って時代の環境、状況がセットになってないと美味しさがわからない時あるから、難しい。(クラシックの音楽史とか本あるのはそういう事でしょ?)

時代の雰囲気を伝える方法は、その時代に生きてた人以外は伝達できない。

本や動画で見ても受け手に100%の伝達は無理だと思う。

各個人によって感じ方が違うししょうがないね。

 

 今生きてるんだから、今発表されてる良いなと思う音楽を聞くと楽しいし、もったいない気がする。

未知の領域、中国、台湾、アフリカ、ロシア、中東、インドのPOPS、ROCK等あるなら聞いてみたいなぁ。(せっかくインターネットがあるんだから)

 

 あ、僕絵画関連は疎いですw

僕が運動が好きなのと音楽が好きなのは繋がりがあると思う。

両方動いてる所が。

絵や写真は止まってますからね。

 

 

僕にとって音楽を作る事はメッセージ・イン・ア・ボトル?

 

自分が生きてる時や死んだ後、誰か見知らぬ人が聞いてくれるといいなというロマンを持っている。

自己満足の世界です。

宇宙人、多次元、他世界、過去、未来と交信してみたい。それなら音楽じゃなくても別の方法はあるよねw

 

 音楽は形が無いからね。音楽が好きな理由の一つかもしれない。

意識じゃなく無意識下に聞きたくなる曲、アレンジ、スタイルを作る技術(箇条書き)

 

脳科学者だとこういうの作れるだろうね。後催眠術師。

音楽の範疇を越えたように思うけど、繋がってるよね。

 

Twitter

「ギターで弾きやすいメロディと合わないメロディってある。

木琴とかマリンバ?とかの方がハマる時がある。

歪むギターはくどくて、聞いてて辛い時が多い。

楽器の性質知るとアレンジ、作曲で役立つね。

意識じゃなく無意識下に聞きたくなる曲、アレンジ、スタイルを作る技術とか欲しいね。」

 

と箇条書きしてた。

あんまり曲が押しつけがましいと、聞いてて辛く思う人も出るよね。

何だかよくわからないけど気持ちいい、まぁBGMでもいいです。

何か作業しながらでも邪魔にならない曲、アレンジ、スタイルができると面白いかも。

ある意味目標とする所でもあるかもしれない。

まぁ自分で見つけたらここには書かずにノートに書くよね。お金とれる内容だと思うから(仏教の密教とかにもうありそう…というか大学の論文とかにもう既にあるだろうね。)

 

学生の頃、文字が汚いと言われた話

 

数学のテストで先生に「お前の文字は5と3の区別がつかない」と言われた。

確かに見直したら、「あっ、そうですね!」ってさわやかに答えた記憶がある。

(僕が読めれば良い。相手が迷惑になっても構わないという態度、酷い奴だw)

習字は平凡でした。ペン字も習った事が無い。

文字で性格が判別できたら怖いなぁ。

個人情報ダダ洩れじゃないですか!やだー!

受験勉強は苦手です。

趣味に没頭してたからなぁ。過去のブログに自分がオタクかどうかについて書いたのあったな。これ↓

icchiku1783.hatenablog.com

てか俺のブログ重いし見にくいw リンクの貼り過ぎだなぁ。多分。

ネットテロみたいになってるw 見るとPCが重くなるw

とんでもない迷惑なブログだw

twitterの呟きのリンクをまとめちゃったからなぁ。

トリッキーなブログの使い方だよね。

僕くらいじゃないか?こういう使い方してるの?

見る人の事を考えてないw(天上天下唯我独尊スタイル)

 

まぁ話を戻すと高校辺りくらいかなぁ。

文字がフニャフニャになり始めたのは。

そういえば女の子から手紙はもらった事あるけど書いた事は無いなぁ。(折り紙の手紙だった。女の子は器用だなぁ…)

詩とか書いた事無い。文学苦手だし。(国語のおかげですw)

夏休みの日記とかも、世の中の子供が書く定型文が如し平凡の王道を行く文章である。

全く面白くない。

 

昔より今の子の方が文章見るし書いたりもしてるんじゃないかなぁ…。

PCやスマホとかで。読解力とかはわからんけど。(長文は読むの苦手そう)

僕も読みやすい本と読みにくい本ってあるからなぁ。

そういえば本をわざわざバラシて分割して読んだりした。

書き込みもするし、だからボロボロだったなぁ。(今見たらホッチキスで止めてたw)

図書館はそれができないから(当たり前だw)読み方のモードを変えて読んでる。

 

今の文字はメモ帳見る限り多分他人でも読めると思う。

昔のは無理。自分でも読めないからw

 

 

 追記

twitterで5と3の区別がつかない文字を発見w

僕だけじゃ無かったんだなぁ!

 

 

嫉妬と嫉みの違いと性質

www.youtube.com

 

5:16 嫉妬と嫉みの違い

 

・嫉妬

自分が持っている何かを誰かが奪いにやってくるんじゃないかという不安感に裏打ちされたネガティブ感情。

女性が多い。

 

・嫉み

自分よりも良い物を持っている誰かを羨ましい、その人を引きずり下ろしたい、何とかしてその人より上に行きたい、その人に被害を及ぼしたい気持ち。

競争心の強い男性が多い。

 

7:25 嫉みの悪性と良性

 

・悪性

相手に不幸が起こる事に喜びを感じる。これやると下手すると犯罪になる。

シャーデンフロイデ - Wikipedia

 

・良性

自分の能力を上げるのに感情を利用する。コストがかかる大変だけど、工夫する。

知性的にならないと無理。

 

嫉みの感情はよくわかる。

黒子のバスケ」脅迫事件 被告人の最終意見陳述全文公開
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20140718-00037501/

秋葉原事件」加藤智大被告が「黒子のバスケ」脅迫事件に見解表明!
 https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20140814-00038250/

 

ある人が存在するだけで恨みを持つ、というのはわかる。

男性は社会的立場、スタンスこだわるからね。

男性もろいですよ。女性の皆さん。

正に実存を懸けた戦い。

戦いで何か実存できる物を獲得できれば勝ち。(何も勝負は1回キリとは限らない。戦いは続くし終わらない。一発勝負の時もあるけど…。)

 競争が必要悪というのもわかる気がする。

 

過去の自分の呟き

「『黒子のバスケ』の作者氏によって、自分の存在を維持するための設定を壊されたから」 という文章は、僕があるミュージシャンに抱く嫉妬心での挫折、存在肯定の破壊、を見事に言い当てられた。この人の文章にとても共感する。

 

秋葉原事件」の加藤智大の意見

「たった1人のスーパーマンに全ての糸を切られ」たために孤立した。社会との接点が皮肉にも「奪われた」という不満や悲しみの形、それが唯一の社会との接点となるために、孤立しないよう、そこにしがみつく。

「たった1人のスーパーマン」こと黒子のバスケの作者の藤巻氏に、ストーカー的になりふり構わずに食らいつ く。そこから振り落とされたら、社会的な死を迎える。

それがどれほどの精神的苦痛であるかは、トラウマ的に身にしみてわかっており、必死 。渡邊氏も主張するように、嫉妬でもなければ怨恨でもありません。復讐でもやつ当たりでもなく、生きるためなのです。

 

 

過去の呟きより

思い出さないようにしようとすればするほど、思い出す。

記憶を引き出す度に異なるタグが付いて意味合いが変わる事を利用する。

トラウマの解決法と似てるなぁ。

www.youtube.com

記憶は変容するんだね。

感情をコントロールするには本当、知識や知性が無いと難しいね。