自分の記憶に一貫性が無い&不眠症(大学3年辺りに心療内科に初めて行った)

昔の事を書こうと思うのですが、記憶が断片的でまとまりが無いです。

元々中学3年生の辺りから精神的に不安定でした。

大学に入って就活らへんで緊張の糸が切れた感じです。

 

学校と家庭の環境が荒れていたのと、まぁ転勤族だったというのも原因かも。

大学の時は症状の原因がとてもハッキリしてました。(社会に対して自分はかくあるべきと思いこんでた、それがプレッシャーになっていた)

正直大学の後半の事は書きたくない。(記憶も飛んでるからどっちにしても書けないけど…)

でもその時は睡眠もとれてたし(めっちゃ長い時間寝てた)病院や薬が無いとヤバいという状態ではなかった。

今はその時よりは落ち着いてるけど、不眠症が酷いです。

大学の時より今の方がきつくなるとは思わなかった。

薬が無いと寝れないのはとてもきついです。(自然に眠れない、薬起点で寝てるので寝起きと寝つきがコントロールできない)

 

 

それでTwitterにも書いたんですが今の不眠症心因性疼痛が1つの要因なんじゃないかな?と個人的に思ってます。(今通院してる担当の精神科医は疼痛って言葉を知らなかった)

疼痛と言う言葉は「暇と退屈の倫理学」という本で知った。

あと仏教五蘊盛苦という言葉は関係あると思う。

re-start.tokyo

 

大学の時は睡眠が麻薬みたいでした。眠ると、とても気持ちが良かった。

その時の感覚が当たり前と認識していて、今そっちに無理に戻そうとしてきつくなってる感じがあります。

 

眠れないという第2の人生が始まった感覚です。

こうも体の感じ方が変わるというのは老化してるという事なのか…正直よくわからない。ただ不眠症になるとは考えもしなかった。(元々ロングスリーパーなので)

正直不眠症が治れば病院には行かなくてもいい。でも治りそうにない。

「ああ、これは一生付き合わないといけないのかな?」と覚悟してます。

不眠の原因がハッキリわからないので対処法が薬しかないです。

一応脳をスキャンしたり検査しましたが異常はなかった。

 

寝つきと寝起きがとてもしんどい…。これのせいで時間を守るというのがとても難しくなってます。(当たり前の事をする難しさを知る)

シェンロンに願い言うなら自然に眠りたいと言う(死ぬとかそういう意味じゃないw)

 

過去の呟きで

睡眠薬との付き合い方で、飲んで30分以内に寝ると寝起きが良い気がする。大体飲んで1~2時間して寝ると寝起きが悪いっぽい。 不眠症になって4年くらい経つのか…。4年の間に薬無しで自然な眠りで寝た事はたぶん覚えている限り1度も無いと思う。」

とか書いてました。睡眠日記みたいな事書いてたんだなぁ。

 

 

ちなみに医者の診断は軽度の統合失調症(医者もハッキリとはわからないけどとか言ってた)

まぁでも薬が効くからまだマシですね。効かなかったら自殺してたかもしれん。それぐらい眠れないのは辛い。寝ないと頭がフル回転し続けてオーバーヒートする。

睡眠は体調の指標っていうけどこれは本当だと思います。

 

僕のTwitterは元々病気について呟いてたのが始まりなんですよね。

それが時間経つ内に趣味の方に移行した。

余裕ができてきたのかな?

 

過去のツイートを今ブログにまとめてますので、

まとまりがないかもしれないけど許して。

苫米地博士が紹介してたやつ↓

動物が寝る理由は「記憶の一部を忘れて整理するため」という研究結果が発表される - GIGAZINE ( 

不眠症の仕組みが解明して治る方法が見つかればいいな。

研究者さん期待してます!

 

 

本を読み終わるので止まる、のではなく、読み終わってからがスタート

これは本を読んで鵜呑みにしてそのまま信じて終わるのではなく、

読み終わった後知識を試して自分に疑いの目を持つのが大事なのではないか?

と思いました。

僕は大体書かれている内容を馬鹿正直に信じるので…w。妄信です。

これは今日精神科医の先生と話をした時に感じました。

大体話がかみ合わないパターンでいつも終わりますw

今私は症状が落ち着いてるから余裕が出て気が緩んでる。

自分はこのまま安定し続ける、変わらないと思っている。

一方お医者さんは「患者がいつ変わるかわからない」という事をわかってますね。

この差異が気付きを与えてくれました。

 

自分しか見えないと対を絶たれるので比べられません。(絶対)

自分と違う人間を見て相対するものが生まれます。そこで比べることができる。

比較する事で色々見えます。何が見えるかはその時にならないとわからないけど、

変化はあるだろうと思います。

これが知るという事なのでしょうか?

 

勢いで書きましたがふと思いついたのでとりあえず…。

まだ突っ込んで書けそうだけど今はこれが限界です。

高校の時先生に嫌われてた話 あと小中高の昔話ちょびっと

記憶が確かなら、小中高と風邪以外で休んだことは無いんじゃないかな?

不登校とかも無かった。

年とって記憶が無くならない内に数回に分けて、ブログに若い時の出来事を記しておこうと思う。

 

 

ここでは先生に嫌われてた話をしようw。

学生の時、僕は先生にとって都合の良い従順な生徒でした。(所謂いい子ちゃん系)

中学の時数回ウォークマンを持っていって叱られた以外は特に問題は起こしてなかった気がする。

 

 

・嫌われたのは高校時代

アーチェリーやってた体育の教師に何故か一方的に嫌われた。

やたらと先生が好戦的だったのを覚えているw体育の時すげぇガン飛ばしてた。(特に相手に悪い事をしたわけでは無いんだけど…)

まぁ私にとっては無関心だったので、相手が損するだけだから、もう勝手に怒るなり何なりすればいいよ…とか思ってた。

 

あと社会の先生に、「お前は犯罪者の目をしている」とか言われてw

「えっ!…w」ってなったのを覚えている。(どんな目だよw虎の目?アイオブザタイガー?)エイドリアーン!!

www.youtube.com

 

尾崎豊ビートルズ&ジョンレノン、サッカーが好きな先生でした。

おかげ様で尾崎豊ビートルズ&ジョンレノンは今でも嫌いですw

ありがとうございました!

www.youtube.com

 

 

高校の時皆勤賞をとれたのに意図的に1回だけ遅刻した話…

高校1,2年のどっちかで卒業式の日に確かわざと遅刻した。

高校の時は僕帰宅部

記憶が確かなら「なぜ関係ない奴の記念日みたいのに俺が参加せにゃならんのだ」とか

「1回遅刻してみてぇな…それも特別な日に…」とか考えてたw

それでアホな事に今書いた事を丸々副担任の数学の先生に言っちゃったw

そしたら先生黙っちゃってw…怒るとかそういう感じじゃなく、妙~な間ができて…

「こいつ何考えてんだ…」みたいな感じでドン引きでしたw

結局怒られる事も無く途中から参加してそのまま終わりました。

高校は同級生からも不思議ちゃん扱いでしたね。僕が洋楽の雑誌見てると食いついてくれる同級生もいた。ポストモダンかじって偉ぶってる奴もいたなぁw面倒な奴だ…とか思ってた。

 

 

小中高は環境が荒れてた。

学校も家庭も荒れてた。

 

小学校は学級崩壊、生徒暴れる女性の先生泣く。授業できない。いかにも好意をもってそうな男性の理科の先生が代わりに怒る。とりあえず治まる。

というのを繰り返してた。まさに動物園。勉強の前に躾。先生は大変だな!

 

中学校はヤンキー多かったw学ランとか改造してた。(所謂オラつくw)

先生はヤンキー使い(猛獣使い?)みたいな感じで上手く操作する術に長けてたw。

迷惑被ったのがスクールカースト下位がぞんざいに扱われてた事w

あれは可哀そうだった…。先生がヤンキーにすり寄ってた気がするなぁ、今思うと。

ここも動物園wカースト上位はダサい奴らばっかりで大人になって振り返ると恥ずかしいんじゃないかな?小者しかおらんかったなぁ。ロクな大人になるまいて。

 

高校は腹黒い奴らばっかしw

うんざりして、県外の高校に行きたかったと思ってた。僕の友人は年上の大学生の方で、寮に行ったりして音楽の雑談とかCD聞かせてもらったりした。(謎の行動力…)

 

 

僕転勤族で修学旅行2回行ったリとかしましたね。

友人もそこでブッツリ切れるから昔の知人とかあんまりいない。

良くも悪くもリセットされちゃうから。

僕の家庭は父親無関心、母親過干渉。あと父方のお祖母ちゃんが老害wだった。(本当はこういう言葉使いたくないけど…)

 

 

ザックリ書きましたがまだ色々たくさんあるので、また書こうと思います。では…。

 

曲を聞いて、似た曲を思い出す時何を考えているのか?

最近この曲、昔聞いた曲と似てるなぁというのが多い。

その場で記憶をたどる時感じるのは、最初にメロディ、その時のシチュエーション、視覚と嗅覚、。

結構頭を使う。脳のどの部分を使ってるかは知らない。

曲は思い出す率が高い。

 

一方映画は思い浮かばない率が高い。

映画は登場人物の特徴、シチュエーション、ジャンルかなぁ思い出すのは。

俳優名とか監督名とかがわかればいいけど、B&Z級映画はそんな項目見ないしw

 

思い出せないとモヤモヤする。

 

音楽理論を学ぶと感性がなくなる? 個人的な意見

これについて考える。

僕は一理あるのではないかと思う。

単純に言うと…。

例えばマジシャンがマジックをやって客が初めて見る。

それをネタばらしすると「なんだ…こんなものか…」となる。

その時よくできてるなぁと感心するけど。

ネタばらしした後何回も見て感動しますかね?(感動する人も一定数いるとは思う)

これに似てる気がするんだよなぁ。

 

コード理論知らない人があるコードを聞いて、キラキラしてるなぁと思うのと、

コード理論知ってる人はadd9のコードじゃんで終わっちゃう。

まぁ電子系の音色の作り方等は音楽理論に入ってるのか知らないが楽典で見た事無い。

ここはプログラミング、物理の領域かな?この領域も僕は勉強不足です。

 

あくまでも一理です。意欲のある人が新しい知識に啓発を受けて、ここから突っ込んで自分で新しい領域を追求するのだ!という人がいても何も不思議ではありません。

音楽理論の否定も肯定も無い。ただこういう事なのかなぁ。という話で意見を述べました。

 

音楽理論を学ぶと感性がなくなる?というより感じ方が変わると言った方がいいのかもしれません。そこで興味を持つか失うかは各個人によりけりでしょう。

 

表現するのに音楽を用いるという事は音楽でないといけない何かがあるのだろう。

それが言葉や絵じゃないと表現できないのならそちらを選ぶだろうし。

 

とりあえずふと思いついたので書いてみました。では…。

自分が深く影響受けてる宗教は何か?

ザックリ言うと学生の時は「日本教」だと思います。

今は「日本教」と距離を置こうと考えてる。

極道って宗教なの?神棚とかあるし…儒家神道?よくわからんw

あまり関わりたくないw

www.youtube.com

中空構造日本の深層

www.youtube.com

 

色んな宗教、哲学のいいとこをつまみ食い、勉強してパクろうとは思うけど帰依しようとはあんましないかも。ひきこもりはセルフカルトというので、これだwと思った。

www.mammo.tv

教養としてキリスト教仏教、東洋思想等を勉強したいとは思う。

科学、化学、哲学、数学、物理、生物学等、学問とキリスト教、神学は関わりがあるというのはなんとな~く聞いたことがある。が深くは知らない。

何を読めば学べるかがわからない。語源学とか歴史書物

 

www.youtube.com

 

社会で相手を信頼に値する人物かを見極める1つの価値判断になるのかなぁ、宗教は。

でも日本だと宗教って言うとカルトのイメージが強い気がする。たぶんオウム真理教が決定打になってると思う。

人物の価値判断は日本だと昔は身分または共同体(村)の一員か?今は職業?あと有名人かどうかとか。

外国の空港で入国する時「宗教は何?」と尋ねられると本で見たことがある。

そこで無宗教と言うと「こいつはヤバい奴だ」と思われると。

理由は前に書いた通りです。何をしでかすかわからん奴と思われる。

今はどうか知らない。日本人だから外国からは信用されるとかあるのかな?

 

 

宗教は弱者がすがるものだというのは一理あると思う。

困った時の神頼みとか典型だよね。

精神的に強い奴は宗教に関心ないっしょ。さっき書いた学問として学ぶ以外は。

主意主義主知主義とかあったなぁ。内容は忘れたw

 

病院のデイケア行った時利用規約で「宗教、政治の会話は避けて下さい」と書いてあったのを思い出す。今回は政治については書かない。

個人的に宗教は内的に完結するものと考えているから自分が良ければ他人の事なぞどうでもいいんじゃない?と思ってる。人生の生き方みたいなもん。

それを越えて善意で他人に布教するから面倒でこじれるんだろうな。

善意というのがやっかいだ。

押しつけはいくない。

 

そういえば音楽でもキリスト教が出てくるんだよなぁw

宗教を避けようと思ってても向こうから出てくる。 ┐(○`ε´○)┌嫌だねぇ…。

映画デトロイトロックシティで「KISSは悪魔の音楽だ」つって抗議してるのは笑ったw

ちなみに自分の人格形成に影響を与えたのは今思いつくので音楽、アニメ、漫画、映画、学校(転勤が多かった)等。

小さい時はアウトドア派、大きくなるにつれインドア派になっていく。

 

現代人が1日に触れる情報量は、平安時代の一生分、江戸時代の1年分

雑文、箇条書き、後に過筆するかも。

インターネットがある現代は、極めて情報量が多い時代であろう。

昔はネットも無い。本もそんなに流通してないっぽいし。日本は識字率は高かったっけ?江戸&平安時代もどういう時代だったか勉強してないので知らないです。

 

話はそれますが…。

欲しい情報を得るには本がいい気がする。

今読みたい欲しい本あるけど値段が高かったり、置く場所に困るから普遍性の高い価値のある本を手元に置いておきたい。

学生の時図書館にある本を全部読みたいと思った事あるけど、返すの面倒だし、汚せないから無理だなぁと思った。

僕の場合大体読む時「本格的に机に座って読むぞ」という感じでは無くて、

音楽を聞くみたいにパラパラ読み。理解してなくてもいい。とりあえずパラパラ読む。そしてまたパラパラ読むという事を何回も繰り返すと不思議と頭に残る。

ここ理解して次読むという読み方だと進まないからとりあえずパラパラ読み。

それでも最初の文章を読む段階で「あ~合わないな…無理!」と思ったら読むのを止めるか、わかるとこだけ読む。

 

そもそもまず最初の段階で読むべき本と読まないでいい本を判別するのが大事って苫米地さんの速読の本で書いてたなぁ。この本は読んで良かった。売っちゃったからまた買わなきゃ。お勧めです。

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫) | 苫米地 英人 |本 | 通販 | Amazon

 

 

ネットはそこまで深い情報は無いね。(たま~に当たりがあるけど…。)

 

 

タイトルはここから拾った。内容はそんなに無い。

情報過多の時代に、意識的に休むスパン別のポイント(月・週・日) | 踊るOL。

 

情報オーバーロードwiki

情報オーバーロード - Wikipedia

 

 

「情報処理」とは?

・元の「情報」から、計算により加工・抽出などをおこない、別の形の情報を得る手続き(処理(プロセス))。

「情報化」とは?

・情報に化かす。

情報」(ネットで検索したら)とは文字&数字などの記号やシンボルの媒体によって伝達され、受け手において、状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするもののこと。

作業負担の大きさは

「情報化」>「情報処理」

養老孟司久石譲「耳で考える」ℙ128

Amazon CAPTCHA

 

 

養老孟司の<逆さメガネ>」ℙ124知のあり方が変わった

とあります。ざっくりまとめると、

・昔の「知る」は自分が変わるという事。

・現代の「知る」は自分は変わらないという事。

変わらない自分に知識が付け加わる。データベースが増える。知るという事が技法、ノウハウに変わった。

詳しく書くと長くなるので気になる人は読んで。著者曰く教育についての詩論本らしいので先生や親とかためになると思う。

Amazon CAPTCHA

 

 老子 第七十一章

知りて知らずとするは上、知らずして知るとするは病(へい)なり。それ唯(た)だ病を病とす、ここを以(も)って病(へい)あらず。聖人は病あらず、その病を病とするを以って、ここを以って病あらず。

現代語訳
自分がよく理解していてもまだよく解っていないと考えるのが最善であり、よく解っていないことを解ったつもりになってしまうのが人間の欠点である。そもそも自分の欠点を欠点として自覚するから、それを改善することもできる。このように「道」を知った聖人は、自分の欠点を欠点と素直に認めて改善しているからこそ、欠点の無い聖人でいられるのだ。

 

 

 ネットで拾った内容は正しいかわからないので疑いの心を持った方がいいです。

ブログにのっけておいてなんですけど…。読む人は気をつけて。