難題 バカはバカのままでいいの?

自分のツイートで

 

”昔バカはバカなりにポジションがあって安心な気がして、今バカはバカであっていいといえる感じじゃないんだよね。バカでも無理して賢くならなきゃいけないみたいな。俺は俺バカですって安心して言える環境が無いのがつらい。”

 

と書きましたが解体しましょうw

バカって言っても色々あるし、単に無知、感情論専行、過ちを認めないの3つ?

無知だったら改めればいいから良し。残り2つはどうしようもないw

人間は失敗するけど、有名人で一貫性保てとか言われると厳しい(意見を変えられない)、言いたいことが言えない。失敗に寛容じゃ無くなるし安心して議論できないです。

数学みたいに答えが出るものだと了解性が高く皆納得しやすいけど、答えが出ないものは扱いにくい。

無能な働き者は射殺した方がいいとか、よっぽどの事だったんだろうなぁw(何があったんだ?)

 

共同体社会が崩れて(分をわきまえる)インターネットが出て変わったのかな?(バカに厳しい)。影響力は大きいだろう。

「無知は罪なり」という言葉がある。と検索したら1984の「無知は力なり」、哲学者フランシスベーコンの「知識は力なり」という言葉もあった。

昔は字が読めないため損をしたのが、今では知識が無いために損をする(その逆で知識があるがために損をするというのもあるんじゃないかなw)

 

昔読んだ本で完全情報はない。知識も今の所は正しいがこれからの未来で変わるかもしれないとありました。

となると生きているだけで罪という事なのか?僕らは罪人?

んー。わからなくなってきた orz w。

 

とりあえず僕は知識は人生を豊かにするための道具なのかなぁと考えます。

なので世間では地球は丸いと言われているしわかってる”が”、個人的な信仰&生き方であえて俺は地球は四角いと言うのだ!とするのはアリだと思います。(それを皆に押し付けるのは駄目)

オカルト、トンデモ科学、陰謀論とか確信犯でやってる人はたぶんいるんじゃないかな?(外から見て結構人生楽しそうだな…と思う)

 

正論だから人生生きやすいとは限らんと思うのです。

適材適所で餅は餅屋。頼りになるものを多く見つけた方がいいんじゃない?

 

レオナルドダヴィンチとかはすごいよね。1人で完結できてそうw

 ここで述べたのはプライベートよりの話でパブリックだと話が変わります。

 

あ…、タイトルの答えだけど

ある意味生き方でもあるので各個人で決めてくだしい。

生きてたらどうしたって迷惑周りにかけるし、それならしたたかにw自分も周りも幸せにする迷惑のかけ方を身に付ければいいのでは?