自分はオタクなのか? &Twitterについてちょこっと言及

ツイートしてたので載せとく。やっと書けた…。

一か月くらい考えて書いてるけど、まとまらないです。ごほん///。

 

wiki詳しいw幅広すぎだろ…これ見ると僕はもう何も言わなくていいんじゃないかなw

何を書けばいいのか迷う…。とりあえず、自己分析してみる。

僕はオタクとして押さえとくべき物はたぶんほとんど見てないし知識も熱量も人脈や財力ほとんど無いです。完璧蚊帳の外。

 

ニコニコ大百科のオタク項目見ると僕はオタクじゃないね…。

 

イキリオタクとかニコニコ大百科の記事あるけど主観であって定義はないか…例に私は該当しない。Twitterから生まれたのか。とかそりゃ叩かれるwし、自分でこれ呟くのは恥ずかしいでしょ。私は無理。

良くも悪くもTwitterに適応しようと思ってないですね自分は。

何か変な使い方をしてる気がするw

 外国の方との交流や技術者同士の情報収集&交換で使いたい。

そのためにはエサ(呟き)をまくよ。そして釣れるのを待つ。マダカナー。(¯﹃¯*)

たま~に変なヤツが釣れるけど。

 

変なヤツ↓

nlab.itmedia.co.jp

これとか叩かれそうな気がするんだよなぁ。ヤンキーの乗る車も青いライトとかたくさんつけるよなぁ。そしてエグザイルとか流れてる。

日本で痛車やったら車検に引っかかりそうだけど大丈夫なのかね?

 

 

斎藤環氏がTwitterに対して…。

『「私」という主語への共感を回避しつつ、「私」の述語的感覚へ共感させる志向。私見では「感覚」のキャラ化か。私のことは嫌いでも私の「感覚」や「感想」は承認して欲しいということか。人格的承認を可視化するFBよりも承認をモジュール化してくれるツイッターがなじむわけだ。』

と呟いてました。一つの見方でしょうね。

 

僕もキャラのBOTリツイート、アニメの感想を書くけど、たぶん見てる人が少ないし浅い事しか書いて無いどう~でもいい文だからスルーされてる。

今はTwitterの記事をブログに移そうとしてる…。

 

 

 

またまた斎藤環氏の本「関係する女 所有する男」p145で『「アニメで抜けるかどうか」がオタクと一般人の最大の違い』と書いてあった。

この流れで言うとオタクになるけど、抜けない時や頑張っても正直5割しかwイけないから欲求不満。不完全燃焼。

満足しないしwこの場合どうなるんだ?オタクなのか?よくわからない。

 

オタク文化のものは、

なんとなーく時代の流れの中、縁が有る物を惰性で見てた。偶然から始まってた。

でかい穴の空いたチーズ(自分のオタク文化の見方)の様な一応チーズに見えるけどスカスカみたいな感じ?かろうじてチーズの体裁を保ってるwそれか崩れてるw

後はたき火(コンテンツ)を遠くの崖の上から見て満足する感じ?

昔は後ろめたくて1人で隠れて裏でコソコソ楽しんでたのは覚えてる。

孤独だった。でもそれで良かった。

アンダーグラウンドな感じが危ない背徳感や手に入らない飢餓感あって好きだったなぁ。

 今は今ならでの良さもあるのはわかる。ネット便利!これに尽きる。

 

私は、

2chとかで作品について他者と交流しない。

アニメ雑誌、同人誌、フィギュア等グッズ買わない。

ライブ、イベント、アニメ専門店行かない。

コンテンツの作り手側について知識がほとんど無い。

財力熱意体力知恵を懸けてない。超怠惰w全く貢献していない。

 今はネットがあるせいか情報量が多すぎて守りに入ってる。

自分よりすごい人たくさんいるから自分は大したことない。

 

学生の時はゲーム買って、テレビやレンタルでアニメ、特撮見て、少年週刊誌、漫画、ゲーム雑誌見てという具合。凡庸です。どこにでもいる。

ネットが普及してからはフリーのWEB漫画?見たり、イラスト画像を保存しまくったりゲームのプレイ動画を見たりしてた。

オタクとして自分は秀でた物は無い。誇る事や自慢する事も無いし…。

書いてて つまらない奴だなぁと思うwここ読む人は得るものがないだろう。(斎藤先生の呟き&本の引用くらいか?)

何かすみません。

 

とりあえず昔の記憶を書いておこうという事とTwitterの呟きを混ぜる趣旨でブログ書いてます。

なので文章がちぐはぐになる時がありますが許して下さい。では…。